初めて管理釣り場に行きました。[エリアトラウト] Episode3

3 min 250 views

雨の降る3時間という時間制限の中

自分が釣りをして培ってきた経験を活かして

結果的に何とか魚を釣ることができました。

雨のせいで人がほぼいなかったため色々な角度に投げたり

自由にランガンできたのもラッキーでしたよ。

今回はその時の様子や感じた事を語ってみたいと思います。

渓流ミノーだと速すぎる

最初に投げたのはラパラのCD3です。⬇️⬇️⬇️

表層 中層 低層に区切ってアタリの出る層を探ります。

割と表層でトラウトのアタリはあるものの

フックが自分で巻いた太軸バーブレスだったためか

上手くフッキングしませんでした。

ここで言っておきますが

巻き合わせやラインの張りでアタリを掛けていく

そういった高等テクニックは持ち合わせておりませんw

基本は向こう合わせで狙ってます。

ラパラCD3を早々と諦めてルアーチェンジ

今度はDUOスピアヘッドリュウキ45Sで狙ってみることに。⬇️⬇️⬇️

全層をただ巻きでサーチするも今度はかすりもしなくなりました。

トゥイッチで誘ってみるものの見向きもされません。

何がいけないのかルアーをよく見ていると

ミノーが泳ぐ速度域では速すぎるためにトラウトが追いかけてきませんでした。

じゃあ遅く巻けば良いのか?と思ってスローリトリーブで誘うも

今度はルアーが上手く泳がなくなり

トラウトに興味を持ってもらえませんでした。

やっぱり渓流ミノーは早い流れの中で

速い誘いをしながら魚を釣るためにチューニンングされているのが

ここではっきりとわかりました。

きっと上手な人なら釣ることができるんだと思いますよ。

でも今のとりまのレベルでは到底無理でしたw

他の渓流ミノーも投げたんですけど結果は同じでした。

唯一アタリの出たラパラCD3はエリア用フックのいい物に

変えればおそらく釣ることができたと思います。

開始15分ほどでミノーの釣りは諦めました。

このままだと練習はおろか1匹も釣れないかも?

ヤバすぎると感じたので次の手に変えてみることに。

自作セニョールトルネードでも反則級に反応する

本当は受付でスプーンを買うつもりだったけど買わなかったせいで

残されたルアーはスピナーと自作セニョールトルネードだけ。

投げたスピナーはスミスのAR-Sスピナーです。⬇️⬇️⬇️

created by Rinker
スミス(SMITH LTD)
¥779 (2022/09/30 03:30:23時点 Amazon調べ-詳細)

アタリこそ出るもののフックが自作太軸のせいで上手くかかりません。

マジでフックが重要ですよ。

むしろルアーよりもフックにこだわるべきだなって

開始30分くらいで思っちゃいましたw

ってことで最後の奥の手です。

巷では反則級の釣果を出せる!

あまりにも釣れるから使うのすら禁止される釣り場がある

セニョールトルネード(自作)を使ってみることに。⬇️⬇️⬇️

created by Rinker
ZacT craft(ザクトクラフト)
¥437 (2022/09/30 03:30:24時点 Amazon調べ-詳細)

この自作トルネードにはそのむかし間違えて購入したエリア用フックを付けてました。

まずは着水と同時に巻いて表層でやる気のある魚から狙います。

今までの経験からそう考えました。

巻き始めるとすぐにココッ!コッ!

って感じでたくさんアタリが感じられます。

狙いは悪くなさそうなので表層に的を絞り何投かしてみたら

待望のヒット!

と思ったらジャンプ一発でフックアウト。

取り込むまでは巻き続ける。とか頭でリピートしながら

続けているとまたヒット!

今度は上手く寄せることができました。

そしてランディングネットに無事ネットイン。

意外とあっさり釣ることができてしまいました。

まさに反則ルアーになるのも頷けます。

その後もアタリが無くなったらトルネードの形を変えたり

カラーチェンジしたり カウントダウンして

色んな層を探ったりしながら釣りを楽しみました。

この日は低層ではあまりアタリが出なかったです。

表層 中層にやる気のある魚が多かった印象でした。

巻き速度はかなり遅くて良い

巻き速度はかなりのデッドスローでした。

1秒に1回転してなかったです。

こんなにゆっくりじゃないと食わないのか〜いって感じで

自然界の釣りと管釣りとの速度差のGAPに最初は困惑しましたよw

魚がかかる速度を見つけてからは

コンスタントに釣り上げることができたので

当初の目的の良い練習ができたと思います。

まずは早めに巻いてみて徐々にスピードを落としながら

アタリが多くなる速度を探すのが簡単な方法かなと思いました。

ガラガラだったからポンドをランガン

平日で雨だったおかげで人がほとんどいなかったので

ポンドをランガンしちゃいました。

アタリが遠くなったら少し移動することでまたアタリが簡単に出せました。

一ヶ所に粘って固執するよりも移動できるなら

ランガンも悪くないことだなと改めて再認識することができました。

同じ立ち位置から扇状に区切ってルアーを通すだけでも

反応が変わったのでランガンできない時は近くの人に

迷惑がかからない程度に角度をつけて投げてみても良いかもしれません。

最後に|エリアトラウトに初めて挑戦してみた簡単な感想

手元にあるものでも釣りはできるけどエリアトラウトを

本気で楽しむためには専用のロッドとリールが必要になるなって

少しの時間なのにはっきり感じちゃいました。

ロッドの感度とリールの巻き感度にこだわる人がエリアで多いのも納得です。

巻いてる時の小さなアタリを自分から取りにいきたいと思っても

鱒レンジャーのグラス特有の柔らかさがフッキングパワーを

いなすせいで上手く合わせられませんでした。

リールも安価リールだったのでデッドスローで巻く時に

巻き重りを感じてしまい回しにくいと感じました。

ルアーも飽きられたらローテーションできるだけの色や種類が必要でした。

でもちょっとお遊びで行くだけなら今回のタックルでも

十分楽しめるのも分かったのでそこは良かったです。

バーブレスフックののバラシの多さは魚とのやりとりの練習にもってこいです!

タックルの新調は今のところ予定がないので次に行く時は

ルアーとフックをしっかり用意したいと思います。

こういうスターターパックは良さそうです⬇️⬇️⬇️

フックも専用を選べば間違いなさそうです⬇️⬇️⬇️

created by Rinker
オーナー(OWNER)
¥301 (2022/09/29 11:36:50時点 Amazon調べ-詳細)

それではまた、、、 釣りしよ。とりまな

関連記事