第一子誕生history

3 min 33 views
umi-blogのサムネイル画像

ブレイクハートの持ち主

我が家の長男が生まれた時について

記事にしました!

今年から幼稚園に通う長男君です。

ここまで成長するのに

長いようで短く感じます^^

はじめての出産だったので

楽しみが半分

不安も半分 

という気持ちでした。 

陣痛が来た時のリアルな感じも

伝わったら嬉しいです(笑)

親戚の子のお話というイメージで

気楽にみてください!

予定日近くは精神的に不安になりがちでした

予定日よりも早くから

実家にお世話になっていたので

一人になってしまう状況は回避できました。

それでも

いつ生まれてもおかしくない状況だったので

「破水したらどうしよう。」

なんてソワソワして落ち着かなかったです。

予定日辺りからお腹が痛いなぁ〜

という感覚がありましたが

おさまってしまったりでした。

そして 予定日を3日過ぎた夜のことです。

突然 強い痛みがきました!

急いで紙とペンを持ち

陣痛がどのくらいの間隔で

きているのかを測り

確認したら

はじめから間隔が狭かったので

焦りました(°▽°)

不安になり

母を起こして

「どうしたらいいかなぁ」と

ずっと言っていましたね。

痛みはありましたが

我慢できないくらいの痛みと聞いていたので

まだそこまでという感じでした。

前駆陣痛と本陣痛の違い

どうしたらいいのか

悩んでいても仕方がないので

陣痛の間隔が狭いということを理由に

病院に電話をすることにしました!

「今から来てください」

と言われたので

急いで準備をしました。

この時の心情は今でも忘れません。

『えぇ もう産むの!私が産むの!?』

とプチパニックでしたね(°▽°)

病院についてからは

診察をしたりエコーをつけたり

覚悟を決めなきゃ!という

状態になっていました。

しかし

陣痛の痛みがおさまってしまい

まだ出てくる様子もなかったそうなので

一旦 家に帰宅することになりました。

そこからはもう

寝たいけどなかなか寝つけないですよね(笑)

何時に寝たのかわかりませんが

しらないうちに寝落ちしていました。

参考までに

参考 前駆陣痛とは

朝方 また強い痛みがきました!

同じように陣痛の間隔を測り

これは確実に陣痛がきたと確信しました。

痛みが全く違います!

この時に書いていた字がこんな感じです。

陣痛の記録

数字が読めないくらいですね。

書くことにさえ集中できない痛みでした。

そして

夜中に書いていた字がこちら

陣痛の記録を続けた

まだ余裕がみられます。

後に 夫に見せたら笑っていました( ´ ▽ ` )

病院に行く時には

もう吐き気がくるくらいの痛みになり

陣痛室には行かず 

そのまま分娩室でした。

立ち会い出産

出産前の質問用紙に

立ち合い出産について聞かれ

「しません」と記入していたのですが

実際 分娩台にのったら

心細くなり

一人では不安な気持ちでいっぱいでした。

早くに夫が病院へ来てくれたので

急遽 立ち会い出産にしました!(笑)

夫はいきなりの立ち合いなのに

表情一つかえず

いつも通りのテンションで

分娩室に入ってきました。

今振り返ると

それが私にとって

あの時は良かったのかもしれません^^

分娩室にはいってからは長かった

病院についてから

診察をした際に

もう生まれるね!

と先生がいっていたので

すぐ赤ちゃんに会えるのかとおもいきや

分娩室に行ってからが長かったです。

赤ちゃんの頭がしっかりと回転せず

中途半端なところで落ち着いてしまったらしく

なかなか出てきてくれませんでした(°▽°)

最終的に吸引することとなり

なんとか元気に出てきてくれました!

分娩室に入ってからは

6時間の戦いでした( ´ ▽ ` )

最後に

今でも

あのとき立ち会い出産にして

良かったと感じています!

誕生の瞬間は人生でその一瞬しかないですからね。

ちなみに

夫は立ち合い出産が終わってから

「とんこつ醤油ラーメン食べてくる。」と言って

出て行きました。

一体何者なんでしょうか。(笑)

はじめての出産は不安なことばかりです。

何か迷ったら

悩まずに相談すると

安心してその時を迎えられるとおもいます( ´ ▽ ` )

最後までみていただき有り難うございました!

関連記事