おしりふきは赤ちゃんの成長に合わせて変えていくと使いやすさが違います

2 min 103 views

赤ちゃんが生まれた時からおむつ卒業まで

ずっと共にする『おしりふき』。

入っている枚数やシートの形状など

メーカーやシリーズによって違いがありますよね。

私は1つのシリーズを使い続けるよりも

子どもの成長に合わせて

おしりふきを変えて使っていました。

気分を変える為にも

変えてみるのは良かったです^^

生まれてからの新生児期は柔らか素材で肌ストレスフリー

新生児期はオムツ替えの頻度が高く

何度も拭くので

肌に刺激が少ないような素材をチョイス!

枚数も多めがベストですね。

シートの厚みは厚手のものではないので

薄く感じると思いますが

何枚もパパパっと急いで出す時があるので

嫌でも厚手になります(笑)

時間をかけて綺麗に1枚で拭くよりも

この時期は何枚かまとめて出して

サササッと拭いてあげるのがベストでした( ̄▽ ̄)

厚手と比べて枚数も多いので

ケチらずに使えていました。

動きが活発になる乳児期は厚手素材でしっとり

乳児期は

新生児期と比べて

おむつの交換頻度も減り

動きも活発になりますよね。

乳児期の離乳食が始まってくると

ウンチの形状も少しずつ変わります。

このタイミングで厚手素材に切り替えました!

やはり厚手なので

1枚で拭き取りが完了できます!

乾いておしりにくっついたウンチは

シートを汚れた部分に少し置いてあげると

ふやけて取りやすかったですよ。

何枚も使ったりしないので

結構長持ちしました^^

拭いた後もおしりがベチョベチョになることもなく

スッキリさらさらです〜。

幼児期は大判サイズで楽々拭き取り

幼児期になると

おむつ交換を嫌がったり足をバタバタさせたり

何かと手がかかりますよね(T ^ T)

私は綺麗に汚れを拭き取ろうとして

ゴシゴシしてしまう傾向があったので

保健師さんに聞いたところ

ある程度汚れが拭けていれば良しとのアドバイスを頂きました!

時間がかかるほど子どもも嫌がるので

いつもタイムアタック状態です。

これはとても使いやすく幼児期の間は長く使用していました!

ただ持ち運びには大きいので不向きかと思います。

お出かけ用には小さいサイズを持って行きましたよ。

色々なキャラクターがあって

持っているだけで

モチベーションが上がりました^^

子どもが好きなキャラクターでも良いですし

自分が可愛いと思ったデザインでもOK!

多めに買って余ってしまっても

手を拭いたり顔を拭いたり

おしりふき以外にも使い道があるので

箱買いの方がお得だと思います(^○^)

使いやすさを重視して選ぼう

大判サイズが良いのか

厚手が良いのか

しっとりする方が良いのか

どこに使いやすさを感じるかは人それぞれですよね。

自分に合ったおしりふきを選んで使った方が

ストレスもなくオムツ替えができますよ^^

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき有り難うございました。

関連記事