子どもの言葉の爆発期

2 min 16 views
umi-blogのサムネイル画像

子どもが喋りはじめると

当たり前のようになってしまい

「いつおしゃべりするのかなぁ〜??』なんて

ワクワクしていた気持ちを

忘れてしまいがちですよね。

個人差はありますが

我が家の長男は3歳手前で話はじめたので

まわりの子と比べると遅めに感じました。

「言葉の爆発期」という言葉があるように

あっという間に会話のキャッチボールが

できるようになり

今では好きなアニメのシーンを

再現してくれるほどです。

言葉の発達のためには話しかけ方にも工夫をしました

子どもの検診の際に

「なるべく具体的に指を指しながら

色んな単語を使って話しかけてください。」

と言われました。

<例えば>

黒のボールペンに興味を示した時に

「これはペンだよ。」ではなく

「ママが持っているのは黒いペンだよ。」

というように

たくさんの単語をなるべくつなげて

説明してあげることが大切なようです!

ついつい言うことばを簡易的に

済ませてしまいがちだったので

そこは盲点でした。

話しかけていれば良い

という考え方は間違っていました( ´Д`)

おもちゃを使いながらコミュニケーションをとっていました

子どもと過ごす時間が長いと

ずっと喋っているのも大変ですよね。

自分も一緒に楽しめるような

おもちゃを選んで遊んでいました。

なかでも子どもが興味をもって

よく遊んでいたおもちゃを紹介します!

①アンパンマンのまるまるパズル

色や形などを教えてあげられるのに加え

手遊びもできました。

子どもが成長すると

キャラクターのなまえも覚えたり

長い間楽しんで遊んでいました!

created by Rinker
ジョイパレット(JOYPALETTE)
¥1,569 (2021/06/25 13:41:56時点 Amazon調べ-詳細)

②TopDuterPick モンテッソーリ  木製 パズル マグネット

Amazonで購入しました。

小さなものをつまんだり

イラストの動物のなまえや色など

子どもが目でも楽しめる工夫がされていました。

木製ということもあり

木の温もりを感じながら遊んでもらえるのも

ポイントでした。

他の子と比較せず焦らない

「女の子は男の子よりも話すのが早い」

「下の子の方が話すのが早い」

など よく耳にしますよね。

私自身もこれが当たり前のように

思っていました。

しかし ここ最近では

この考えを覆す研究結果が発表されているそうです!

参考文献

「最新の研究で判明「言葉の発達が2倍早い子の親は何が違うのか」

ボディタッチとアイコンタクトを心がけていました

我が家では子どもが何かできた後に

ハイタッチをするようにしています!

<例えば>

食べ終わった食器を片付けることができた時

お片付けができた時など

会話がまだできなくても

言っていることを理解はしているので

言葉で伝えて終わりにせず

ボディタッチも含めながら

コミュニケーションをとることを

心がけるようにしました!

また

子どもにしゃべりかける時は

なるべく目を見て話しかけます。

私の口元に注視したり

子どもが自分に話しかけられているという

意識をもってほしいと思ったからです!

まとめ|大人と話すように子どもにも話しかけるイメージが大切

小さくても心は自立心の塊で

たくさんのことに興味をもって

色んな刺激を吸収する大切な時期ですね。

このブログを通して

少しの時間でも

一緒に遊べる時間をつくり

コミュニケーションをとることが

子どもにとって大切だと

改めて考える機会になりました。

最後まで読んでいただき有り難うございました!

関連記事