夫との家事・育児分担

2 min 20 views
umi-blogのサムネイル画像

専業主婦であれば

家事も育児もすべてできて当たり前。

そんな考えの男性って多いのかな?

確かにスーパーウーマンのようなママも

いると思いますが

我が家では夫にも積極的に

育児にも参加していただいております!

お互いの得意分野を担当にしています

やっぱりお互い

得意なこと

苦手なことってありますよね。

無理してやるとストレスも溜まりますし

なるべく話し合いながら

分担を決めております!

家事分担はお互いの得意分野を希望してやります

基本的に家事全般は私が担当しますが

夕飯は夫が用意してくれます。

もともとひとり暮らしが長かった夫なので

私と結婚する前から料理は好きだったようです。

結婚当初は私も作っていましたが

手際が悪いのか

気になって仕方がないらしく(笑)

結果 夫が夕飯担当になりました。

休日も夫がほぼ料理してくれます!

その間私は子供たちと戯れております^^

なので我が家にはやたらと調味料が多くあります。

ないとショックらしいので

そこはしっかりストックしておくように気をつけてます。

育児分担はよく話し合いながら子供とのコミュニケーションについても情報共有します

子供と接している時間が

私の方が多いので

育児に関しても私がほぼ担当しています。

ですが 第一子長男誕生から

子供のお風呂はずっと夫が担当してくれています!

ここでも私がやると手際が悪いらしく(笑)

みかねて夫が率先してやってくれました。

これはできるのに

なぜペットボトルの片付けはできないのでしょうか(°▽°)

子供の寝かしつけも一緒にやってくれています!

上の子が寝たら夫は部屋を出ますが

なるべく家族全員で一緒に寝るようにしています。

寝かしつけたあとは

夫に今日の出来事などを話したり

子供達とのコミュニケーションをどうとってあげたらいいのか

お互いの意見を交換しています。

(口喧嘩ではなく意見の交換というようにしています!)

任せたのなら口出しは絶対にしない!をモットーにしました

一緒にいるとついつい口を出したり

自分の考えを押しつけがちです。

長男が生まれた時は

私も夫も育児に関しては初心者なので

どうやるのか

こうしたら良いなど

自分のやり方を相手に押しつけてしまい

よく喧嘩になっていました。

色々と話し合った結果

分担を決めて

任せたのなら口を出さない!という方針で

意見がまとまりました^^

まとめ|やってもらっているという感謝の気持ちを持つことが大事

やることが当たり前ではなくて

やってもらっていることがとても有り難いことなんだと

感謝をするようにしています!

「ありがとう」って言葉は忘れてはいけませんね。

あとはよく夫婦で話し合う時間を作るのも必要ですね(^○^)

最後まで見ていただきありがとうございました。

夫の作った料理も

ブログにアップできたらとおもいます☆

関連記事