子どもの寝かしつけは気長にお付き合いしましょう

2 min 11 views

子ども達が成長して

寝かしつけた後に起きる事が少なくなりました。

我が家は夜9時までには就寝できるように

子ども達の寝る準備をしています。

小さい頃は寝てもらうまでに時間がかかったり

途中で起きてしまったりして

寝不足に悩まされる程でした(涙)

現在に至るまでの

『寝かしつけ』について記事にしました!

少しでも参考になれば嬉しいです。

初めての寝かしつけ

我が家の長男くん(4歳児)は

今ではお昼寝もなく夜は10分程ですぐに寝てくれます。

1歳頃は寝床に入ってから寝つくまで

部屋を飛び回っていました(°▽°)

夫が寝かしつけを担当してくれていたのですが

話を聞くと「忍耐力が必要」のようです。

子どもが諦めて寝るまで

自分はずっと寝たフリをして声も出さなかったそうです。

諦めて寝るまでに1時間はかかっていたと思います( ̄▽ ̄)

2歳近くになると『寝る時間』と分かってきたのか

自分で布団に入っていきました!

寝かしつける時の部屋の電気は

真っ暗にしておくのがオススメです。

小さい頃から真っ暗に慣れていた方が

3歳になってからの寝かしつけでも

寝つきが良いと思います。

子どもの個人差もありますので

参考程度にして頂ければと思います!

2人目はあっという間でした

長女ちゃん(2歳児)は

1歳頃から家族みんなで寝はじめました。

長男くんと同じように

一緒にお布団に入っても

物凄いハイテンションで飛び起き

暗闇の中

布団に向かってダイブすることが多かったです(笑)

夫は長男くんの様子を見てもらうようにしていたので

私からしたら『はじめての寝かしつけ体験』でした。

1歳児の興奮はなかなか止まらず。

夫からアドバイスをもらった通りに『寝たふり』です。

勢いで子どもの頭が私の鼻に当たった時は

発狂したくなるくらい痛い思いをしましたので

暗闇で顔周辺には気をつけてください(笑)

寝るまでに初めは1時間以上かかったりしていました。

私も一緒に寝てしまう事がしばしば( ´ ▽ ` )

3カ月ほどそのような状態が続きましたが

段々と動く範囲も狭くなり

2歳になると静かに布団に入ってくれるようになりました。

寝る時間というのを子どもが分かっていれば寝つきは早い

基本的に寝る時間は毎日同じが望ましいです。

なかなかそれも難しいですよね(°▽°)

時間に追われてしまい

思うように進まないとストレスが溜まるので

とりあえず9時までには寝床に行くということを

目標にしています。

早く支度が済めば早めに寝かしつけます!

今では私と子ども達だけで寝てくれるので

夫も自分の時間が出来て喜んでいます^^

電気を消したり

布団を掛けたりするのも

今では自分で進んでやってくれます。

私の中で必ずルーティーンにしているのが

子ども達それぞれに

「長男くん(名前) おやすみ」

「長女ちゃん(名前) おやすみ」

と声をかけてから寝たふりに入ります(^^)

子どもから「おやすみ」と返答が無い場合はしつこく言います(笑)

寝る前のルーティーンを決めておくのも

子どもが寝るモードに入るきっかけになって

良いかもしれません!

最後まで読んでいただき有り難うございました。

関連記事