3歳児のトイレトレーニング成功の秘訣は子どものやる気とタイミング

4 min 61 views

我が家の長男くん(3歳児)は

4月から始まった幼稚園で

おにいさんパンツ(普通のブリーフパンツ)を

はきはじめて約3ヶ月が経ちました。

幼稚園ではオシッコをするのを我慢していて

家に帰ってきてから

玄関でお漏らししてしまうこともしばしば。

家のトイレになかなか行かず

オムツが良いと言うので

トレーニングパンツにすることもやめて

声かけしてトイレに連れて行くのもやめました。

ところが ある日を境に

突然「おにいさんパンツで良い」と言いはじめました!

そこからは本人の意志を尊重して

家では必ずトイレに行くようにしました^^

テレビを見ていたり

水分をとったときなどは

いつお漏らししてしまうかヒヤヒヤしていましたが(笑)

時間をみて声かけをしながら

子どもに確認していました。

我が家のトイレトレーニングについて

試したことなど

長男くんの様子だったり

成功体験談を記事にしました!

最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

子どものやる気をUPさせるトイレ空間作り

幼稚園ではおにいさんパンツ

家ではオムツという日が続きました。

ところが最近になり

家のトイレでオシッコをすることに成功しました( ´ ▽ ` )

感動です!

突然 「トイレに座ってみる」と

子ども本人から言ってきたので

すぐに便座に座らせてみると

ちゃんとトイレの中に狙いを定めて成功しました(笑)

こうした状態になる前に

子どもがトイレに興味が湧くよう

子ども達と一緒にトイレ空間作りをしました!

「トイレは楽しいところ」だと感じてもらえることが

1番の目的です^^

子どもが好きなキャラクターでドアを飾る

いらなくなった知育教材を再利用したり

幼稚園で作ってもらった折り紙を

貼り付けたりしました!

切るのは難しいので

テープのりを貼り付けるまではお手伝いしました。

トイレ側のドアに好きなように貼ってもらい

なるべく口を出さないように気をつけました(笑)

子ども達も自分で自由に貼ったので

何度も見に行ったりして

興味を持っていました。

created by Rinker
小学館
¥836 (2021/09/25 07:01:19時点 Amazon調べ-詳細)

できたシールを使ってごほうび作戦

トイレに座ってもらうため

シール遊びが好きな子ども達には

これが一番効いたかもしれません。

created by Rinker
サンスター文具(Sun-Star Stationery)
¥527 (2021/09/24 11:57:55時点 Amazon調べ-詳細)

下の子も上の子も

まずは同じ条件を設定しました。

「トイレに座る」

これをできたらシールを貼れるようにしました。

お互いの状況が気になるのか

長男くんは下の子に負けないように

1日に何度かトイレに座ってくれる事もありました。

「10枚になったらご褒美があるよ!」

と言って目標を作ってあげました。

断然やる気UPですよね( ´ ▽ ` )

「あとここ貼れたらプレゼントだね!」と

長男くんはカウントダウンまでして楽しそうでした。

トイレに座ることに慣れたら

タイミングで条件の設定を変更していきます。

(座ることに慣れた長男くんは1日に何度も座り

すぐにご褒美をもらうという作戦をしてきたので)笑

「オシッコが出たらシールを貼れる」です。

条件変更も動揺せずにすんなりと受け入れてくれました。

何度か挑戦しますが

緊張からか出ない日が続きました。

それでも頑張って座ることを続けて1週間ほどです。

はじめて成功しました!

オーバーに褒めたたえた後に

下の子にも「成功したよーすごいねー」とパチパチさせました^^

そこから自信がついたのか

長男くんは自分から

「家ではおにいさんパンツになってトイレに行く」

と言い始めました!

子どものやる気とママのやり易さを重視したトイレ道具

はじめは下の子も使用できるように

手前にとってのある補助便座をつけて

トイレトレーニングしていました。

座ることに慣れてきてからは

長男くんのやり易いように使用する道具も変えていきました。

足の踏み台付き補助便座

下の子が使用する時に

抱っこしてから乗せることは楽ですが

長男くんも同じように抱っこして乗せるのは一苦労でした。

体重もありますし。

トイレも狭いため足が補助便座に引っかかって

ズレてしまう事もしばしば。

トイレに設置するのはまだ難しいですが

自分で登って座ることができると感じ

こちらの商品を購入しました。

created by Rinker
カリブ
¥2,911 (2021/09/25 07:01:20時点 Amazon調べ-詳細)

ガッチリトイレにハマっている

とまでは感じにくいです。

子どもが一人で登って座る動作をする時に

少し不安定感もありますが

座ってしまえば体重で安定してきます。

組み立ても簡単で

折りたたんで収納できるのも高評価です。

服もパンツも脱いで座るという一連の流れを

ひとりで出来るため

子どもが率先してトイレに行くようになりました( ´∀`)

足の踏み台にしっかりと足がつくのと

両脇に握れる取手があるので

子どもも安心して座っていました!

女の子だと問題ないのかもしれませんが

少し空いている部分が小さいので

男の子はしっかりと下に向けながら

オシッコができるようにならないと

便座から外れてしまいやすいと思います。

何回か慣れるまでは長男くんも外していたので(笑)

ちゃんと上手にできた時は

大袈裟に褒めたたえています!

ドヤ顔をする我が子を見て

なんて単純なんだろうと笑ってしまいました^^

急な対応に役立つ小物アイテム

オシッコであれば

トイレットペーパーで問題ありませんが

ウンチの時ってなかなか使いづらい気がします。

長男くんもオシッコに成功してから

すぐにウンチに挑戦する時がきてしまったので

その場はトイレットペーパーで対応しました。

この時にこれがあったら楽だったなと感じました。

肌に引っ付く事もないですし

そのままトイレに流せるのでオススメです!

トイレトレーニングに必須と思っても意外と使わない物もあります

なかなかトイレに行かないので

少しずつオムツが卒業できたら良いのかなと考え

トレーニングオムツを履かせてみました。

普通のオムツに比べて吸収力がなく

履いているのが気持ち悪いという感覚を覚えてもらう

というのが目的だと思いますが。

我が家の長男くんは

全く気にせずに履き続けて

気づいた時にはオムツ漏れしていました(笑)

これではいけないと

次に挑戦したのがトレーニングパンツです。

普通のパンツよりも厚みがあり

トレーニングオムツよりは濡れた感がダイレクトに

感じやすいと思います。

しかし

我が家の長男くんは

そもそもトイレに行くのを嫌がっているので

履いたところで気持ちは何も変わらず

とりあえずお漏らしパーティーでした(笑)

用意をしたのは自己満で終わりましたね。

結構高かったのに(°▽°)

トレーニングパンツにするくらいなら

普通のパンツを履かせてしまった方が

コストもかからずにパンツへの抵抗がなく

スムーズにトイレトレーニングが進むと感じました。

最後に|子どもの気持ちを尊重して無理のないトイレトレーニングが成功の秘訣

子どもよりも親の方が

トイレに関しては焦りがちかもしれません。

「私自身も長男くんの幼稚園が始まるまでには」なんて

ひとりで思い込んで

子どもにトイレトレーニングを強制させていたんだなと

今でも反省して後悔しております。

結局は子どものタイミングなんですよね( ´ ▽ ` )

ある程度の年齢になれば

自分が思った事もしゃべるようになりますし

嫌な事は嫌と言います。

子どもは生まれてからはじめて体験することに

きっと抵抗があるのが当たり前で

怖い事も多いです。

本人の気持ちをしっかりと聞いて

どんなタイミングで何を用意してあげれば良いのか

お手伝いをするだけです。

あとは子ども次第!

トイレトレーニングでイライラする事は無くして

親も気持ちよく一緒に成功体験を迎えたいですね^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

前にもトイレトレーニングについて記事にしました。

その時にチャレンジした事も

今回の成功体験に関係していると思いますので

是非 ご覧ください!

関連記事:子供のトイレトレーニングは大変だけど…できた時の感動も大きい

関連記事