離乳食はすべて下ごしらえするよりベビーフードも活用しながらの方がママも楽です

3 min 43 views
umi-blogのサムネイル画像

子どもの離乳食は個人差もありますが

我が家の子どもたちは

生後5ヶ月くらいからはじめました!

はじめての離乳食はドキドキしながら

子どもにあげていたのを思い出します^^

なるべく手作りでやりたい!

というママも多いかと思いますが

私はどちらかというと

ベビーフードに頼っていた方です。

離乳食の初期に活用していたものや

オススメのベビーフードを

ご紹介していきたいと思います!

離乳食の初期こそベビーフードに頼った方が良いです

スーパーで買ってきた食材を

下ごしらえしてとなると

時間も労力もかかり

決まった食材になりがちでした。

夫に相談をしたら

子どもの離乳食は

期間限定のことなので

多少はお金がかかっても

なるべく色んな食材を試せるように

ベビーフードを活用しよう!

ということになりました。

『はじめてのひと口』に便利なベビーフード

離乳食初期は

小さじ一杯の量からなど

ほんとに少量からはじまるので

その分を作るのも大変ですし

多く作ってしまったからと

冷凍保存をしても余ってしまうことが多かったです。

そこで発見したのがこちら!

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,000 (2021/07/27 19:40:51時点 Amazon調べ-詳細)

和光堂のはじめての離乳食シリーズです。

1個ひとさじ分になっているので

はじめは一つ

次は二つと

量を少しずつ増やしながら試せるので

とても重宝しました( ´ ▽ ` )

フリーズドライで

溶けやすくダマになることもなかったです。

子ども2人ともバクバク食べていました!

少し量が増えてきたら

おかゆに混ぜて食べさせることもできましたよ!

月齢がすすむと

食べられる食材が増えます。

7ヶ月ごろから試せる

鶏レバーや鶏のささみも

ラインナップされているのでオススメです^^

created by Rinker
和光堂
¥654 (2021/07/27 19:40:52時点 Amazon調べ-詳細)

量が増えてきたら小分けにして冷凍保存がオススメ

はじめてのひと口が終わると

次は食べられる野菜など果物の量が増えてきます。

それでもまだ少しずつ量を増やしていく作業は変わりません。

この時期によく活用していたのが『冷凍保存』です。

市販で売っているベビーフードを

保存容器に小分けにして

使用時はレンジでチンしていました!

私が使用していたのは

『エジソン の小分け容器 』です。

Sサイズ Mサイズ Lサイズと種類があり

少しずつ量を増やしていくのにとても便利でした!

これは離乳食中期でも活躍していたので

オススメです。

離乳食が終わった今では

冷蔵庫の製氷機が故障してしまったので

氷をつくるための容器として活用しています( ̄▽ ̄)笑

蓋もしっかりしているので

水が漏れることもないです。

10倍粥からはじまるごはんはレンジでチンしよう

はじめて食べるご飯は10倍粥からになります!

最初はスプーンにひと口程度です。

少ない量を作るのに

私が使用したのは

レンジでチンするだけの離乳食キットです。

炊いてあるご飯を目安の量取り分けて

お湯を入れてレンジでチンするだけです。

付属のスプーンでご飯をつぶす作業はありますが

特に時間がかかることもなく

しっかりつぶすことができ

子ども達も問題なく食べてくれました。

はじめは残ってしまうこともありますが

少しずつごはんの量は増えていきます。

子どもに合わせて

量を調節するのにとても便利でした。

おかゆは量が増えてきたら冷凍保存が時短になります

ごはんの食べれる量が増えてきたら

毎回食べる時に作るのも大変ですよね。

そんな時は冷凍保存がオススメです!

炊飯器で大量にお粥をつくり

冷凍用の保存容器に小分けし

食べる時にレンジでチンすればOKです^^

ここでワンポイント!

炊飯器で炊く量は

子どもが大体一週間くらいで食べ切れる量です。

冷凍保存といっても

長期間は保存できないため

作った日から一週間で食べ切れるようにした方が

良いと思います。

ネットで検索すると

2週間と書いてあるのも見かけますが

赤ちゃんが口にするものなので

我が家では1週間という期間にしました。

下ごしらえが大変なものは粉末を利用してもGOOD

我が家の子ども達は

小さい頃からお粥はバクバク食べたのですが

野菜やお魚など

量が増えると食べるのに飽きてしまい

全量食べることが難しかったです。

なので お粥と混ぜて食べさせていました( ´∀`)

その時によく利用していたのが粉末です。

和光堂のベビーフードをよく使っていました。

野菜の粉末を溶かしたものは

美味しくなかったのか食が進まなかったので

月齢に合わせたベビーフードを活用しました。

お魚やレバーなどの粉末はお粥に混ぜたら

バクバクと食べていました!

ドラッグストアでも購入できる

よくある商品でしたが

今ではネットでも色んな商品がありますね^^

完全無添加にこだわりたい!

という方は

こんな商品もありました。

参考までに^^

まとめ|自分でつくることに固執せず市販のベビーフードも活用しよう

期間限定の離乳食作りです。

自分ですべて作ってあげたい!

という気持ちで張り切って

赤ちゃんが食べてくれないと

ショックですよね。

とくにはじめての離乳食作りだと

不安になったり落ち込んだり。

今は市販のベビーフードも

栄養士監修で作られていたりして

月齢に合わせた栄養面を

しっかりと取れるようにできています。

個人差もあったりで

離乳食の進み具合は子どもそれぞれですよね。

1番大切なのは赤ちゃんが

『楽しく食事をすること』(^^)

ママが暗い顔や

疲れた顔をしながら「あーん」としていたら

食べる赤ちゃんも美味しく食べれないですよね(笑)

離乳食作りは

無理せず手を抜くことも必要になってくると思います。

実際に私自身 市販のベビーフードに

頼って良かったと感じています^^

メンタル的に助かりました。

すべて作れてしまうママがいたら

それは自慢できて羨ましいです!

そのスペック欲しいです( ̄▽ ̄)

ただ 赤ちゃんと一緒で

ママにも個人差がありますし

そこは自分のペースで気楽に進めていくことが大切です。

最後まで見ていただきありがとうございました。

関連記事